工具紹介

【簡単】下地ってどこ?を針で解決してくれる格安グッズ【下地探しどこ太】の使い方

下地どこ太写真

こんにちは、けーたです。

壁にカーテンレールを新しく取り付けたり、棚を設置したりしたい!

ってなったとき。

そんなときは、まず下地探しから始めます。

石膏ボード用アンカーなんかを使って設置するという方法もありますが、
強度のことを考えると、やっぱり下地がある場所への設置が安心です。

ke-ta
ke-ta
でも、下地がどこにあるかなんて見えないから分からないよ・・・。

そんなときに、便利なのがシンワ測定から出ている【下地探し どこ太】です。

下地探しどこ太下地探しの際に便利です

これをつかうと、石膏ボードの下にある木の柱がどこにあるのかを探すことができます。

それではその使い方を紹介していきます。

下地探しどこ太の種類

この下地探しどこ太ですが、BasicとProの2バージョンが発売されているみたいです。

 

BasicとProの違いを簡単に調べてみると

BasicPro
方式針式針式
対応壁厚(針)35mm35mm
対応壁厚(マグネット)13mm13mm
対応天井厚(マグネット)12mm12mm
ステンレスガイドなしあり
目盛りありあり
替え針2本付属2本付属
安全ロックありあり
エラストマーグリップなしあり

シンワ測定さんのHPを見るかぎりでは、このようになっています。

この2つの違いは、ステンレスガイドとエラストマーグリップの有無のみ。

ステンレスガイドは、針の曲がりを防止して真っ直ぐ刺せるためのガイドエラストマーグリップは、手にぴったりフィットする形状、滑りにくい形状のことのようです。

またPro、Basic共にいくつかのサイズやマグネットの有無で違いがあるようですが、
私は35mmマグネット付Basicモデルを購入しました。

基本的な使い方

針を使用して下地探しをする場合には、最初に安全ロックを解除します。

といっても、持ち手のレバーを「FREE」に合わせるだけ。

使う前にロックを解除つまみをFREE側に回せばロックが解除されます

ロックを解除したら、壁(石膏ボード)に針を押し当てます。

針が根元まで刺さった場合、そこには間柱などの下地はないということになります。

どこ太使い方これは下地がない場所の写真

下地がある場合は、下の画像のように針が途中で止まります。

どこ太使い方写真下地があると針が途中で止まります
ke-ta
ke-ta
このときに目盛りを確認すれば、石膏ボード(壁)のおおよその厚みが確認できるので、ビス選びの参考になりますね。

まとめると、壁に針を刺すだけで下地探しができてしまうということですね。

ちなみに針を刺したあとの壁に空いた穴はこんな感じです。

針の痕壁紙によっては穴はそれほど目立ちません

壁紙によっては、ほとんど分からない場合もあるんじゃないでしょうか?

ちょっと便利な使い方

とはいえ、壁にはできるだけ無駄な穴は開けたくないですよね。

そんなときは、ここで紹介する方法を試してみてください。

下地(間柱)には、石膏ボード(壁)を固定するためにビスが打たれています。

なので、最初にそのビスをマグネットで探してしまおうという方法です。

マグネットを使ってビスを探す

まず最初に、壁に下地どこ太の先端をあてて、
床や天井と水平方向に動かします。

マグネットが壁側(どこ太の先端)に移動したら、そこがビスが打ってある場所です。

どこ太マグネット使い方下地あり(左)と下地なし(右)。下地無しの場合はマグネットが反応しません

ビスの場所が見つかったら、そのまま垂直方向に動かします。

そしてまたマグネットが移動したら、2つ目のビスの場所が分かります。

そして最終確認として見つけた2つのビスの間を針でチェックします。

そこにビスをうてば、しっかりと固定させることができます。

これなら、無駄に穴を開けずに下地を見つけることができます。

まとめ

今回のまとめ

・下地探しどこ太にはいくつか種類がある
・針を刺すだけで石膏ボードの下の下地探しができる
・マグネットを使うと無駄に穴を開けずにすむ
・マグネット付のBasicモデルがおすすめ

価格も1,000円前後で購入できるので、
比較的コストもかからずに入手することができます。

ke-ta
ke-ta
替え針が2本ついているし、長く使えそうです。

無駄に壁を傷めないためにも、下地探しを利用してみてはいかがでしょうか?